So-net無料ブログ作成
検索選択

寒暖変動、5月には解消へ=日本の南北に大きな温度差−気象庁(時事通信)

 3月以降、気温や天気の変化しやすい状態が続いていることについて、気象庁は23日、日本の北の寒気と南の暖気がともに平年より強く、偏西風の蛇行も大きいことが原因とする分析結果を発表した。5月上旬には解消する見通しという。
 東京で17日、41年ぶりの遅さで雪が降り、その4日後に25度以上の夏日となるなど、3月からほぼ全国的に寒暖の変動が激しくなっている。
 同庁によると、今冬以降、気圧が北極圏で高く中緯度で低い傾向が続き、偏西風の蛇行によって強い寒気が北東アジア方面に南下しやすい状況という。また南側の暖気もエルニーニョ現象の影響で平年より強く、大気の不安定な状態が継続。日本付近を移動性の高気圧・低気圧が次々と通過し、天候不順をもたらした。
 今後の見通しでは、4月中は偏西風の蛇行が持続し寒気が入りやすいが、5月上旬には解消し、南の暖気の影響を受け暖かくなるとしている。 

【関連ニュース
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響
エルニーニョ、春に終息か=インド洋高温、北日本冷夏も
30年に1度以下の異常気象=「北極振動」で北半球に猛寒波
春は全国的に気温高め=北日本は冷夏か

<TBS>役員5人処分 報道番組での不適切な取材で(毎日新聞)
6月に「介護保険ホットライン」(医療介護CBニュース)
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言(時事通信)
火山噴火 成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)
アパート火災 男性1人死亡 尼崎(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。