So-net無料ブログ作成
検索選択

<生活保護>受給者の自殺率、一般の2倍超(毎日新聞)

 厚生労働省は9日、初めて実施した生活保護受給者の自殺率調査の結果を公表した。人口10万人当たり62.4人(09年)で、国民全体の自殺率(10万人当たり約25人)の2倍以上に達する。うつ病などの精神疾患を抱える人が多いことが原因とみられ、厚労省は今後も調査を継続し、対策を検討する。

 調査は07〜09年、受給者の中で自殺した人や自殺と推定される人を対象に、全国の福祉事務所の報告を基に実施。死亡診断書や死体検案書、職員の記憶などから集計した。自殺者は▽07年577人(人口10万人当たり38.4人)▽08年843人(同54.8人)▽09年1045人(同62.4人)−−だった。【野倉恵】

【関連ニュース
母子加算訴訟:解決へ国と基本合意
たまゆら火災:発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず
たまゆら:「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る
生活保護:未救済の低所得者3割
無料低額宿泊所:無届け施設も規制 議員立法へ骨子案

<厚労省>余剰の補助金、返納手続き怠る…会計検査院が指摘(毎日新聞)
星川清司さん、08年に死去=実は5歳年長で直木賞受賞最高齢に(時事通信)
<理研>論文不正巡り元研究員と和解 発表をサイトから削除(毎日新聞)
<砂川事件>「跳躍上告検討」など外務省公開文書に協議内容(毎日新聞)
「玻は平易な文字でない」最高裁、出生届認めず(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。